南米の絶景

死ぬまでに行きたいイグアスの滝をご紹介

投稿日:

世界三大瀑布の一つ、イグアスの滝。

日本人にはナイアガラの滝が有名ですが、イグアスに比べれば大きさ、水量、見どころの多さ、すべてにおいて足下に及びません。

イグアスの滝など見てしまえば、日本の滝など小川にしか見えません。

滝が好きなら、一生に一度行っておかなければ、あの世で後悔することになるでしょう。

 

イグアスの滝どんなところ?

イグアスの滝は、ブラジルとアルゼンチンの国境にある大きな滝の群れです。

ナイアガラの滝やビクトリアの滝のような、1つの大きな滝があるわけではありません。

 

とは言え、ひとつひとつの滝は日本ではありえないほどの大きさです。

日本の滝のある風景になれている私たちにとって、ここで見る風景はまるで別の惑星。

 

その知名度もあり、世界中から一年中観光客でにぎわっています。

 

 

イグアスの滝の見どころと注意点

イグアスの滝の見どころを私の経験も交えてご紹介します。

 

  • たくさんの滝

イグアスはたくさんの滝が集中している地域です。

遊歩道が整備されているため、ここを歩くことでたくさんの滝を見ることができます。

どれも日本では見ることのできない水量と迫力。

 

  • (おすすめ)悪魔の喉笛

イグアスの滝で最大の水量を誇る滝が、悪魔の喉笛と言われる滝です。

視界いっぱいに広がる滝と、大量の水が落ちていく様は見ていて圧倒されます。

イグアスに来たらぜひ、行くべきポイント。

 

  • ブラジル側とアルゼンチン側

イグアスの滝はブラジルとアルゼンチンの二国にまたがっているため、一度に両方を見ることはできません。

どちらも同じくらいたくさんの滝が見れますし、遊歩道が整備されているので優劣はつけられないですが、ハイライトである悪魔の喉笛はアルゼンチン側にあることに注意。

 

イグアスの滝の楽しみ方

イグアスの滝の楽しみ方をご紹介します。

  • 散策

観光のメインは散策です。整備された遊歩道を歩きながらたくさんの滝を眺めることになります。

いずれの滝も日本では見ることのできない大きな滝ばかりなので、釘付けになること間違いないでしょう。

注意が必要なのは、濡れる対策をすることです。

滝が大きいほど、距離が近いほど水しぶきも巨大になります。風向きが変わればシャワーのように降り注ぎます。

なので、濡れる前提で行くか、カッパを用意すると良いでしょう。

 

  • 動物観察

現地はまさに、ジャングルのような緑豊かな地域です。緑があれば、当然、動物もやってきます。

なので、現地はカラフルな鳥やアナグマと遭遇するでしょう。

 

  • (大人気)ボートツアー

現地ではボートツアーがあります。ボートで川を渡り、クライマックスには滝のうちの一つに近づくというイベントがあります。

滝のパワーを感じるには最高のイベントになるでしょう。

 

 

イグアスの滝のベストシーズン

イグアスの滝は、好みによってシーズンが異なります。

ブラジルには雨季と乾季があり、雨期には滝の水量は増え、迫力のある滝を見ることができますが、水しぶきが多すぎて見えにくいというデメリットがあります。

しかも、水量が多すぎると観光できないこともありえます。そうなれば、もちろん、ボートツアーも中止になります。

一方、乾季になれば滝の水量が減り、迫力は衰えますが、滝の姿をよく見ることが出来、撮影にも適しています。

 

イグアスの滝の天気と気温、服装

私は夏(8月)に行きましたが、夏の格好(Tシャツとズボン)とカッパで過ごしました。

ブラジル側の最後の滝では水しぶきが大量に降り注ぐため、カッパの内側にカメラを隠すことができて正解でした。

 

 

-南米の絶景

Copyright© 絶景ファン , 2020 All Rights Reserved.